布団のクリーニング知識

羽毛布団の理想的なお手入れ方法は?

羽毛布団をクリーニングに出す季節になりました。

羽毛布団は、
5月から6月くらいにクリーニングに出す方が多いようです。

羽毛布団は高級品ですから、
きちんとお手入れをして、
長く快適に使いたいものですね。

それでは、理想的なお手入れ方法はどんなものか、
ご紹介してまいります。

羽毛布団のお手入れ方法

羽毛布団は長く使っているうちに、
中の羽毛まで汗で汚れてきます。

すると、
中の羽毛が絡み合ってくっついてきてしまいます。

さらに長年そのままにしておくと、
絡み合った羽毛が団子状態になってしまいます。

そのために、新品のときのようなふんわり感が失われてしまうのです。

それとともに、

  • 水分で布団が重くなる
  • 嫌な臭いがしてくる
  • 保温機能が下がる

といった状態になっていきます。

これをもとのような快適な羽毛布団に戻すためには、
定期的なクリーニングによって、
中の汗などを取り除いてあげる必要があります。

羽毛布団は高級品だから
正しいお手入れを丁寧にして
長く気持ちよく使いたいわ。
正しいお手入れのポイントは
次の3つだよ!

羽毛布団のお手入れ

・月に2回くらい天日干しをする
・小さくたたんで空気を抜いて臭いを放出させる
・年に一度はクリーニングをする

羽毛布団の天日干し


羽毛布団を天日干しすることで、
お布団の中の湿気を飛ばすのに効果があります。

ただ、注意しなければならないのは、
太陽の光によって側生地の劣化がすすむということ。

紫外線によって劣化しもろくなっていきます。

羽毛布団は長い年月使いたいので、
側生地の劣化もできるだけ避けたいところ。

干し時間は片面1時間程度にする。
カバーをかけて干す。

などの対策をしましょう。

羽毛布団の空気抜きをして臭いをとる

布団の中には、
汗の臭いなどがこまって、
知らない間にいや~な臭いのお布団になっていってしまいます。

臭い対策としては、
中の空気を抜く!

という方法があります。

羽毛布団をなるべく小さくたたんで、
やさしく押して空気を抜いていきます。
空気が抜けたら、もう一度広げて空気をふくませます。この作業を何度か繰り返します。

この際のポイントはやさしく作業すること!

ココに注意

空気を押し出す際に、
やさしく作業することがポイント!

力をこめて強く押しすぎると、
中の羽毛がつぶれてしまうので注意!

羽毛布団のクリーニングをする


中でも一番重要なのが、布団のクリーニングです。

なんといっても、
布団の中の汗を除去してあげなければ、
天日干しや空気抜きだけでは限界があります。

毎日使っているお布団には、
たっぷりの汗がしみこんでいます。


羽毛布団を丸洗いすることで、
布団の中の汚れやダニなどを洗い流し、
中までぴかぴかの清潔なお布団になります。

そして、業務用の布団乾燥機を使って
しっかりと芯まで乾かしますから、

クリーニングを終えた羽毛布団を手に持っていただいた瞬間に、

うわっ
軽いわ~。

と驚くような状態になるのです。

やっぱり羽毛布団は
専門のクリーニングに出して良かったね!

羽毛布団をクリーニング店に出す際の注意点!

ところで、いざ羽毛布団をクリーニングすることになった際に、
注意すべき点をあげておきます。

自宅洗いはおすすめできない

ドライクリーニングではなく水洗いを

圧縮袋の仕様は避ける

しももとクリーニングの公式ページへ

-布団のクリーニング知識

Copyright© 布団クリーニングはどこに頼むのがいいの? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.